進学塾キューブ- Premium-

進学塾キューブ -Premium-

新着情報

2017.10.08

<blog >  通知表って何?

通知表って何?
 
塾生の皆さん、秋休みを満喫していますか??
 
私は・・・実力テスト対策問題作成中です。
 
秋休みに入っても特に変わることもなく授業後に学習フォローを求めてくる中3生もいます。
そのような「受験生」になりきった逞しい姿、ひたむきな姿を目にすると、ますます応援したくなるものです。

目一杯フォローしていきますよ!


さて、学期末のイベントといえば『通知表』ですね。

公立高受検志望生達にとって、内申点に換算される評定にはかなり敏感です。

また、意外にも、小学生とはいえ数字で評価される通知表に対してはかなり貪欲です。
 
さて、この通知表についてみなさまどのようにお考えでしょうか。
 
『学校の成績、学力、入試での結果と通知表の関係ってどうなの?』

なんて考えますよね。

 
「学校の成績=学力」
こんな風に思っていると学力を向上させることに失敗します。
 
「学校の成績=入試結果」
このように勘違いしてしまうと入試に失敗する可能性大です。
 
「入試の結果=学力」
ここまで勘違いしてしまったのなら、お子さまの未来って・・・どうなってしまうのでしょう。
 
塾生の保護者とお話していても『通知表は学力を判定している』とお考えになる保護者様は一人もおりません。
 
ご存知の通り、学校の通知表(あゆみ)は、お子さまの表現力の指標です。
つまり、学ぶ力、学力を育む力を判定しているものではありません。
 
また、表現する力とはいえ
本当の表現能力を測るものではないこともご存じですよね。

 
定められた形、画一的なところにお子様がどれだけ近づけたのか、言い換えれば、模倣する力、表現の模倣がどこまで出来たのかを数値化したものです。
 
「定期テストの結果が繁栄されているから学力を測るものでしょ?」
 
このような意見もあるかと思います。


たしかに全てを否定することはできません。



しかし、あらゆるテストを目にしている塾講師の立場でお話いたしますが、定期テストは「暗記力の勝利」だと感じる面が多々あります。
 
もちろん、世の中には学力を測るためのテストも存在します。
また、表現力を測るテストも存在します。
 
中高一貫校の全国過去問を解いてみると、公立高の全国過去問を解くよりも面白いものです。
 
『通知表=学力』
ではないことに気がついていただければ、ブログをご覧の皆様、塾生たち、保護者様が感じる「もやもや」した気持ちも収まるような気がします。
済んだことにクヨクヨせずに、前を向いて歩きだしましょうよ。

通知表で測りきれないものの方が大切だったりもしますから。
 
目の前のことに一生懸命取り組んでいれば、必ず良いことが待っていますよ。

さあ、次に向かって頑張ろうぜ!!

進学塾キューブ-premium-