進学塾キューブ- Premium-

進学塾キューブ -Premium-

新着情報

2017.09.17

<コラム>宇都宮東高等学校附属中学校(公立中高一貫校)対策

宇都宮東高附中(公立中高一貫校)対策
 
公中検はアナログ力
 
《知っていて欲しいこと》
●適性検査は意図・狙いを探ることが重要です。
●考え方が大切。間違えたっていいんです。
●適性検査の作文は、上手さやテクニックよりも発想や意図・狙いをつかむことが大切なんです。
●倍率なんて関係ない。偏差値なんて関係ない。受かる子は受かるんです。
●「やるべきことを粘り強く」続けられたかどうかが大切なんです。
●指導者が答えを教えるのはNG。指導者はチェック機能なんです。
 
 
《問われるのは初見力》
◆大切なのは「どうして」なんです。
◆理科的・算数的な考え方は必要です。(ポイント:地学分野)

《ネタは古い》
▼使われる資料は最新のものではなく、完全に世間に認知された資料が使われます。
▼白地図利用は有効な学習法です。

《習い事は続けましょう》
★習い事が続けられないようなら、そもそも受験なんて無理なんです。
★土日の活動が多いサッカーや野球は、夏休み以降の活動時間について親子でしっかり話し合いましょう。
★習い事は、○○式や英語よりもピアノがいい。

《基礎学力は大切です》
●読み・書き・そろばんは有効です。
●学校のテストは100点が当たり前。
●計算スキルは8桁÷10桁で確認しよう!
●逆算なんていらない。
●漢検スキルは4~5級

《公中検に特殊算はいらない》
◆特殊算を学ぶと、①「なぜ?」力・②「発表する」力・③「書く」力が失われます。(経験上)
 
《記述対策はやりすぎないのがポイント》
▼やりすぎると、①~③が伸びません。大切なのは、どれだけ①~③で「もがけるか」です。
▼記述対策のヒントは常に日常生活にあるんです。

《作文力》
★起承転結よりも3分割が有効です。
★採点しやすい、「意見」⇒『具体例』⇒『まとめ』
★常に忘れちゃいけない、「具体と抽象」。

《シャーペンよりも鉛筆です》
●筆圧は脳の活性化につながります。
●シャーペンは必要ない。鉛筆はB,2Bがお勧めです。

《やり方が大切》
◆計算ミスはOK! 大切なのは直し方。
◆ミスした理由を隣に書き込むことで、大きくものごとを見る力、論理的思考力が養われます。
◆「100点=信用」ではなく、「気がつく力が信用できる力」だと認識できれば勝ちなんです。

《公立受検で侮れないのが教科書です》
▼算数教科書のコラムは原理原則を学ぶためのツールです。

《「どうして」を相手に説明できる力をつけよう》
★「説明」の「視覚化」は有効です。
★同じ物の見方なんてつまらない。
 
《生活が大切》
●整理整頓、ご家庭での役割(○○係)は大切です。
●ペンケース中身の量と、成績・脳の中身は反比例します。
 
《過去問使用法》
過去問使用は大問ごとに傾向をつかませることが大切。そして時間の測定が鍵になります。
 
 《対策のヒントを少しだけ》
①具体⇔抽象トレーニング:国語読解だけでなく、学力の土台になります。
 トレーニングは市販の問題集でも十分対策できます。(具体的な教材名は気軽にお問い合わせください)

②新聞切り抜き+要約+添削
すでに要約されている新聞使用には賛否ありますが、指導者の適切な指導、保護者の忍耐力さえあれば、最も効果が出る取り組みだと考えています。※9月からは小学生新聞から一般紙に変更しましょう!

③1㎠で書く
フリースペースに記述できるようになるために、日頃から方眼ノートを使用し、1㎠を意識しましょう。
  
④算数は一問を有効に使うことが重要です。(論理的に深く記述できる力)
 重要な単元:速さ・割合・平面図形・立体・規則性



公立中高一貫校合格診断(参考)
~お子さまにあてはまるものをチェックしてみましょう~

□ 1.途中式や考え方をノートに書かない。
□ 2.字が雑だ。
□ 3.1問を解く時間が長すぎる。
□ 4.与えられた宿題しかやらない、または宿題をやらない。
□ 5.忘れ物が多い。
□ 6.今日一日の出来事を時系列で話せない。
□ 7.新聞を読まない。新聞はマンガだけ読む。(小学生新聞可)
□ 8.家での家事当番(役割)がない。
□ 9.学校へ行きたくない。またはつまらない。
□ 10.人やものごとの好き嫌いが激しい。
□ 11.どうしても遅刻してしまう。すぐあきらめる。(長続きしない)
□ 12.理科的分野・社会的分野に興味がない。(好奇心がない)
□ 13.自分の考えを書くことができない。
□ 14.机の前に座っても勉強することができない。
□ 15.玄関で脱いだ自分のくつを整えられない。
□ 16.学校や塾に好きな先生がいない。
□ 17.配布プリントが忘れたころに出てくる。
□ 18.要約して書くことや話すことができない。やり方がわからない。
□ 19.問題をとくためのテクニックが好きだ。
□ 20.今やらずに明日、また今度、次こそはと常に後回しにする。
チェック数
0~3個:合格圏内です。(可能性80%以上でしょう)
4~7個:可能圏です。(可能性60%以上でしょう)
8~12個:努力圏です。(生活習慣の見直しが必要です)
13~17個:まずはご家族で話し合いましょう。
18~20個:記念受験でしょうか?

さあ、皆さん
最後まで「粘り強く」頑張りましょう!
 
〜進学塾キューブpremium〜